2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月 5日 (火)

うつうつ…

年が明けたと思ったら、もう2月。
節分もあっという間に過ぎ去ってしまいました。
皆さん、豆まきはされましたか?
我が家も例年通りまきましたよ~。もちろん恵方巻きも食べました。
豆まき、本当は思い切り大声でやりたいのですが、ご近所ではどこもやっていないらしく…
恥ずかしいので主人と二人、「鬼は~そと~っ!福は~うち~っ!」と小声でひっそりと(^^ゞ

さて、今日は久しぶりにリウマチのことを。
エンブレルでの治療を始めてから今年で4年目。
今まで関節の痛みや腫れがなく、数値もほぼ正常という寛解状態を保っていましたが、
昨年末頃からまた痛みが出てきてしまいました。
検査ではリウマチ因子の数値が上昇していたので、またちょ~っとリウマチの活動が活発になってきたのかな?という感じです。

体が痛いと、きっとどこか気持ちもマイナスになるんだろうな~。
仕事で凹むことがあって、「仕事を辞めようかな…」なんて、昨夜は主人にぽろっと愚痴を言ってしまいました。
そうしたら、はぁ~?何言ってるの?という顔で「仕事ってそういうものでしょ。」と諭されてしまってsweat01
そうだよね。どんな仕事でも多かれ少なかれ嫌なことってあるよね。それでも皆、頑張ってるんだものね。
主人だって、家庭を支えるために、不満も言わずに毎日頑張ってるんだもの。
それに、今は自分の好きなことを仕事に出来てるし。有難いことだよね…と(-_-;)反省…
そして、主人に話したことを後悔するのでした。

ただね、それは自分でも分かっているんです。
でも、凹んだり後ろ向きになった時、「そうなんだ」「そうだよね~」って、誰かに共感して欲しいと思うことありませんか?
決して相手に解決策を求めている訳ではないんです。
ただ、聞いて欲しいというか、自分の心の中でとうに結論は出ているけれど、それでも誰かに背中を押して欲しい…
そういう時ってあると思うんですよね。
私が甘えてるだけかな?
男性は物事を理論づけて捉える脳で、女性は感情で捉える脳を持っているそうだから、
その違いなのかな?
とにかく、これから主人にはこういう事は言わないでおこう(^^ゞ
友人や母親に聞いてもらうのが一番かも。
あーでもないこーでもないって、お喋りして…ね。

早く暖かくなって、体の痛みも、心のうつうつも消えるといいな。
さて、今日も頑張ってきます!

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »