2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

シザーケース&鍋つかみ

暑さでちくちく作業はなかなか捗りませんが…
ようやく完成しました。

Dsc06755
ハワイアンキルトのシザーケース(キャシー中島さんのキットです)
デザインされているのはモンステラの葉と、お花はティアレ。
キルティングの針目が揃っていないため、アップには耐えられません(^^ゞ

Dsc06756
中はこんな感じ。
ファスナーは手縫いで仕上げました。

Dsc06761
そしてこれは、一応鍋つかみ。
家にはミトン型のものもありますが、熱くなった鍋の蓋などをちょこっと持つ物が欲しくて。
ネットで色々な方の作品を参考にして、試しに一つだけ作ってみました。
使った生地は、PlanDoMamaさんのイベントで購入したリネンの端切れです。

Dsc06763
裏には指を入れるポケットがあります。
もう少し浅い方が使い易いかな?
また作ってみようっと(^^)

2012年8月21日 (火)

もう2年…

昨日は、久しぶりにこちら→のアロマヨガに行ってきました。
今月の精油はジュニパーとペパーミント。
清涼感のある香りの中で、気分も体もリフレッシュ。
気持ちが良かった~(^^)
そらまめ子さん、またよろしくお願いします。

さて、先週16日は父の命日でした。
あれから2年…
長いようでいて本当にあっという間でした。
今でも後悔することはたくさんあるけれど、それも全部含めて、
父との想い出をこれからも大切にしていきたい…
最近、そう思えるようになりました。

私は、父から受け継いだ命を次へと繋げることが出来ませんでした。
だからこそ、与えられた命を精一杯きちんと生きることが、
この世での自分の使命だと思っています。
父がいてくれたからこそ、今の自分があることを忘れずに、
これからも過ごしていきたいです。

Dsc04508
福岡に戻る姉一家を見送る両親。
白髪と少し丸くなった背中が、それまでの父の人生を物語っている気がして…。
こうして眺めていると、胸に熱いものが込み上げます。
4年前に何気なく撮った写真ですが、今ではお気に入りの一枚です。

2012年8月13日 (月)

悲しみと怒り

ロンドンオリンピックが終わりましたね。
日本が獲得したメダルは最多の38個!すごいっ!!
選手の皆さん、お疲れ様でした。

そのオリンピックの感動も束の間、先週末の痛ましい出来事に胸を痛めています。
朝の情報番組で人気者だった兄弟犬を含む、7頭の死。
ショックでした。。。
可愛い真っ黒な瞳とサモエドスマイル、人懐こい仕草に毎朝癒されていました。
この長野県での旅が最後になってしまったなんて。本当に残念です。
飼い主さん(プロダクション?)にどんな事情があったのか知りませんが、
この暑い時期に、9頭もの犬を車内に何時間も放置するなんて…信じられません。
犬を飼育している人なら常識として分かるはずなのに、
ましてや動物を扱うプロがする行為とは思えません。
地獄のような暑さの中、助けを呼ぶことも出来ず、どんなに苦しかったことでしょう。
故意にしたことではないとは言え、本当に可哀想でやり切れない思いです。
聞けば大手の動物プロダクションだそうですが、亡くなった犬達の情報は、
既にHPから削除されているとか。
動物を単なる商売道具としか考えていないのでしょうか?
あまりの誠意のなさに、悲しみを通り越して怒りを感じます。

主人もブログに綴っていますが、ペットの幸、不幸は、関わった人間、飼い主次第だと思います。
短い一生の中で、ペットは飼い主をただひたすら信頼して従い、そして無償の愛を与えてくれます。
その愛に精一杯応え、大切にしてあげることが飼い主である人間の務め、責任ではないでしょうか。
それが出来なかった方達には、もう二度とこんな悲劇を起こさないと、
せめて肝に銘じて欲しいものです。

2012年8月 4日 (土)

癒しの空間へ

暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続いています。
皆さん、体に気をつけてお過ごし下さいね。

さて、父の三回忌法要を終えた先週末、
母と姉と3人で、こちら→に行ってきました。
母の体調を考慮し、松本駅からバスで30分程のプチ旅行です。

Dsc06747

Dsc06749
清潔で落ち着いていて、心から寛げる癒しの空間。
何よりも、スタッフの方々の接客マナーや心遣いが素晴らしいと感じました。
同業者である姉も関心するほど。
宿泊客のほとんどがリピーターであるのも頷けます。
特に伝えてはいないのに、私へのサプライズにバースデーケーキまで用意して下さって…
本当に感激でした!
食事もお風呂も…何から何まで大満足でした。

もちろん母も大喜び。
兄の話では、この日をずっと心待ちにしていたようで…
子供のように大はしゃぎする姿を見て、私も嬉しくなりました。
最近めっきり弱ってしまった母。
75歳という年齢からしたら仕方のないことだけど、ここ数年で急に老いてしまったように感じます。
殊に父が亡くなってからは体だけでなく、心の病も抱えてしまい…。
母にとって、それ程父の存在は大きかったのだと思います。
以前の母は、明るく元気でおっちょこちょい。まるでサザエさんのような人でした。
またそんな母に戻って欲しい。
今まで苦労した分、これからは自分のためだけの時間を楽しんで欲しい。
そう思います。

そして私も…
普段なかなか会えない姉ともゆっくり話せて、たくさん笑って…
たった2年の間に、父、モモ、そしてララを失った悲しみは大きくて重いけれど、
泣いて泣いて、大泣きして、少しだけ流れて軽くなった2日間でした。

また来年も女子旅、
出来るように頑張ろう!

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »