2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月23日 (金)

終の場所

もう4月も終わりだというのに、今日は冬のような寒さです。
アップしようと書きかけた記事がいくつかあるのですが、どうしてもそれ以上書くことが出来ず、二週間も放置してしまいました。
年頭の目標、早くも挫折です。スミマセン・・・

父のことで色々あって・・・
実は、また高熱を出して救急搬送され、現在も入院中なのです。
施設への入所が決まるまでの間、自宅で介護しようと前の病院を退院した矢先の出来事でした。
病名は誤嚥性肺炎
食べ物や唾液、痰を気管に吸い込んでしまうことにより起こり、高齢者の最大の死因と言われる病気だそうです。
特に父のような脳梗塞、認知症の人は、嚥下障害(喉の神経や筋肉が正常に働かない)があるため発症しやすいとのこと。

主治医からは4つの治療法を提案されました。

①経口摂取を目指してリハビリをする
②経鼻経管栄養(鼻から胃に管を入れて栄養剤を入れる)
③胃ろう手術(胃に穴を開けて管を入れる)
④点滴のみで栄養や水分を摂取する

いずれの方法を取っても先は長くないと言われましたが、私達家族は、まず①の経口摂取を選択しました。再発率は高くても、もう一度父に好きなものを食べさせてあげたいと望みを掛けたのです。
でも、ダメでした。
何度リハビリをしても、上手く飲み込むことが出来ず、喉に詰まって吸引されたり、熱を出したり・・・その度に苦しい思いをさせることになってしまいました。
残る選択肢は3つ。
家族で何度も話し合いました。
悩んだ末、④の点滴治療を選択しました。
この方法だと、余命は1~2ヶ月だろうとのことです。それでも、父が苦しむことなく安らかに逝けるならばと考えた結果です。
②か③の方法を選んだとしても、父にとっては、ほんの僅かな延命治療に過ぎないでしょう。それに、もうこれ以上苦痛を与えたくない、痩せ衰えた体にメスを入れるなんて、絶対にしたくないと思ったのです。
辛く、そして悲しい選択でした・・・。

続きを読む "終の場所" »

2010年4月10日 (土)

米粉のロールケーキ

ぐるぐるうずまき・・・
製菓用の米粉を使ったロールケーキ。
2月のお菓子教室で習ったものです。
生地の端が厚くなってしまい、巻き終わりが美しくありませんsweat02
少し切れば良かったのかな。。。
でもまあ、不恰好な感じもご愛嬌で(;´▽`A``

148
トレハロースを使ったせいか、しっとりふわふわの仕上がりに!
トレハロースには上白糖の45%の甘みがあり、生地の気泡を安定させる働きがあるそうです。
なるほど・・・ロールケーキ初心者の私でも安心ですhappy01

パッチワーク教室に持参したところ、とても喜ばれました。
今度は、もっと綺麗に巻けるようにしたいなぁ。
コーヒークリームや、フルーツを入れたものも作ってみたいです。

2010年4月 4日 (日)

ハンドルカバー

先月、rvcarを車検に出したついでにハンドルカバーを着けてもらいました。

W51s_011
ミッキーマウスのシルエットが付いていて可愛いのですhappy01
それに、ハンドルが少し太くなったせいか持ちやすくなりました。リウマチになってから、細いものを掴むのが苦手になってしまったので(グーが上手く出来ないのですsweat02)、とっても助かります。
こんなに楽になるなら、もっと早く着ければ良かったなぁ・・・。
あと、寒い朝でもハンドルが冷たくならないのも良いですよ!

それから・・・
2月の記事で、注射部位の皮膚が硬くなってしまったと書いたのですが、実はそうではないことが解りました。
看護師さんの説明によると、注射針を深く刺さないと薬液が体内に入りづらいそうです。確かにEグリップを使うと、針が深く刺さらないので恐怖心はないのですが、ピストン(内筒)を押すのに結構力が必要だったような・・・。どうやらそれを皮膚が硬くなったと勘違いしたようです。
なので、最近はEグリップを使わずに打っています。注射針の根元までしっかり刺した方が薬液もスムースに入るし、不思議と痛みも少ないような気がします。稀に血管に当たって出血するとドキッとしますがcoldsweats01
しばらくはこの方法でやってみようと思います。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »