2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

ヨーヨーキルトの巾着

ヨーヨーキルトの巾着が完成しました。

014
直径3cm程のヨーヨーキルトを繋げて、それを巾着の表面に縫い付けてあります。
使ったキルトは108個
少しづつコツコツと作りました。

011
広げるとこんな感じ。
今回はピンクでまとめてみましたconfident
たまにはシックで大人っぽい作品を作りたいと思っても、ついついこんなパステルカラーを選んでしまいます。

今、お隣のお宅で一緒にパッチワークを習っているOさんは、近所のスーパーで働いている奥様。そこは、昨年冬に私がアルバイトでお世話になったお店です。ちなみにパッチワークの先生も同じお店で働いています。
Oさんとは同じ部署だったので、よく仕事を教えて頂きました。私より6歳上で、なんと、ミス松本に選ばれたほどの超美人さん!
でも、全く気取ったところのない気さくな方なので、たちまち仲良しになりました。
たった一ヶ月間しか働けなかったけれど、こうして縁が続いて一緒に趣味を楽しめるなんて、とても嬉しく幸せなことだなぁと感じています。
それに、昨日レッスンの時にOさんが言ったこと。
「私、なつみかんさんと会った瞬間から、この人は真面目に一生懸命働いてくれる人だって直感したよ。あと、絶対私と気が合うって思った~。」
自分をこんな風に評価してくれる人もいるんだと、これもまた嬉しかったです・・・。

それからもう一つ、嬉しい出来事ではないのですが、昨日モモ達の散歩をしている時、わんこのウン○を思い切り踏んでしまったのですcrying
いつもなら「もうぉぉ~っ!最悪っannoy」となるところですが、自分の間抜けさが何だか妙に可笑しくて・・・
一人でクスクス笑いながら、靴を洗ったのでした。
ここ最近、父の事とか色々あって気持ちも沈みがちでしたが、心に少しだけ晴れ間が見えた出来事でした。

2010年3月19日 (金)

選択

早いもので、もう3月も後半。
桜の開花が楽しみな季節ですcherryblossom
昨日は彼岸の入りということで、母とお墓参りに行ってきました。
「家族が健康で過ごせますように・・・」と、ご先祖様にお願いする事はいつも同じですが、昨日は何度も何度もお願いしました。

と言うのも実は、先月27日の記事をアップをした後、父が自宅で意識障害を起こして救急車で搬送されたのです。
検査の結果、脳梗塞の後遺症による発作ではないかということでした。しかも、心臓もだいぶ弱っていて、いつ心筋梗塞を起こしてもおかしくない状態とのことで、一時は最悪の事態を覚悟しました。
でも、幸い翌日には意識を取り戻し、現在は認知症患者を長期間受け入れてくれる病院でお世話になっています。
このまま症状が落ち着けば退院もできるようですが、問題はその後の生活。
主治医から二つの選択肢を提示されました。
今までのように自宅で介護するか、それとも介護施設に入所するのか・・・。
主治医は、これから認知症の症状は少しずつ悪化していくので、自宅での介護は困難だろうと言います。確かに、高齢の母には相当な負担となってしまうはずです。私も出来る限りサポートしたいと思っても、やはり限界があるのかと・・・。
それに、また発作が起きた時、家族で対処できるのかという不安もあります。
その点適切なケアを受けられる施設だと、万が一の時も安心なのですが。
でも、母は悩み苦しんでいるよう。
まだ自分で介護できるのに、父を見捨てるようなことにならないかと、自分を責めては泣いています。
そんな母の気持ちが痛いほど分かるだけに、本当に辛いです。
実家に行っても、いつも座っている場所に父がいない。もうここには戻って来ないかもしれないと思うと、胸が張り裂けそうです。
出来ることなら住み慣れた家に帰らせてあげたい。でも、母の体のことを考えると・・・。
どうしたら良いのか、どうしたら父のために、そして母のために最良の選択が出来るのか・・・自問自答する日々。
でも答えが見つかりません。

せめて母の支えになって励まそうと、母の前では絶対に泣かない、気丈でいようと決めたのに、昨日はお墓へ向かう車中で二人、大泣きしてしまいました。
それでも、このまま父を病院におくのは可哀想。
辛い選択だけど、何とか答えを見つけなければと思っています。

2010年3月15日 (月)

生まれ変わったら・・・

ブログネタ: 身長が一番伸びたのはいつ?参加数拍手

小学6年頃から中学1年にかけて一番伸びたと思います。
150cm台から一気に163cm!
クラスで一番ノッポで、いつも男の子にからかわれていたっけ。
フォークダンスの時も、人数調整のために男役。憧れの人とも踊れず、乙女心はズタズタでしたcryingheart03
それ以来変わらず、もう伸びないだろうと思っていたら、なんと短大入学時には165cm。
まだまだ成長期だったのですねcoldsweats01
今は若い頃程コンプレックスは無くなりましたが、それでも小柄な人が羨ましいです。
だって男性から見たら、守ってあげたくなるじゃありませんか!
可愛い服も似合うし~(`ε´)ぶーぶー
生まれ変わるとしたら、小柄で華奢な女性に生まれたいな~。
あっ、でも宝塚の男役にもなりたいから、やっぱりノッポでいいか・・・
いっそのこと男性に生まれるのもいいなぁ。
すみませんsweat01
今夜はバカなひとりごとで・・・(;^_^A

2010年3月 7日 (日)

パン教室

昨日はnaoちゃんとパン教室へ。
紅茶教室で何度かお世話になったstudio un Couleurのnaomiさんが、4月よりご自宅でパン教室を始められるということで、今回はそのプレレッスンにお邪魔してきたのです。

020
教えて頂いたプチパンとプチ食パンbread
ホシノ天然酵母を使ったもので、もっちりしっとり、噛むほどに味わいがあって美味しい!
毎日でも食べたい私好みのパンで感激~。
驚いたのは作り方・・・
10~36時間冷蔵庫で発酵出来るので、家事や仕事の合間、自分の都合の良い時間に作ることが出来るのです。
「こんな作り方もあるんだ」と、まさに目から鱗でした・・・。
一時パン作りに夢中になった時期がありましたが、捏ねてから1次発酵→ベンチタイム→成型→2次発酵→焼成と、長い時間を掛けて一気に作ることが億劫で、ここ数年はほとんど作っていませんでした。でも、これならもっと気軽にパン作りを楽しめそうです。
捏ね時間も3~4分と短いので、手が多少痛くても平気かも。

002
春の若葉のようなカラーでコーディネートされたテーブルで、焼き上がったパンを試食しました。

005
花あしらいも素敵。

009
カリフラワーのスープと春菊のサラダ。
とっても美味しかった。。。

021
お土産として頂いたパンは、主人と今日のランチに。
そして頂いた生地は、成型して早速家のオーブンで焼いてみました。レッスンと同じように出来て、大満足ですhappy01

パン作りが身近に感じられる楽しいレッスンでした♪
来月も楽しみです。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »