2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

リウマチ講演会

大変遅くなりましたが、日曜日に行った講演会のことを。
内容は、昨年参加した市民講座とほぼ同じでしたが、自分が重要だと思った箇所をメモ程度にcoldsweats01

◆関節リウマチとは・・・
関節が痛み、腫れ、そして破壊されていく難病。
原因は不明だが、細菌やウィルスから体を守るべき免疫が、自身の関節を攻撃し、そこに炎症が起きると考えられている。
心臓病、腎臓病など、臓器の病気に当てはまらない炎症性疾患のことを膠原病・リウマチ性疾患と言うが、関節リウマチはその中の一つ。

◆今までは関節の変形(発症10~15年後)が始まってから破壊が起こると考えられていたが、発症1~2年で始まることが解った。
             ↓
  早期から強力で積極的な抗リウマチ療法が必要!!

◆リウマトレックスと生物学製剤で治療のゴールは寛解に!
  (薬剤なしの寛解も可能に!)

◆生物学製剤とは・・・
 
   生物から産生される物質を利用した薬剤
   自然界にある抗体などのタンパク質
   科学的に合成した薬剤ではない(→肝臓、腎臓への負担少)
   標的分子(炎症性サイトカイン)のみと結合し、その活性を抑制
   バイオ医薬品とも呼ばれる
   デメリットは感染症に弱いこと、高価であること

◆現在日本で使うことが出来る製剤
 
   インフリキシマブ(レミケード 点滴)
   エタネルセプト(エンブレル 皮下注射)
   トリシズマブ(アクテムラ 点滴)
   アダリムマブ(ヒュミラ 皮下注射)

この他にも現在治験中のものもあり、将来的には更に数種類の製剤が発売されるそうです。標的分子(TNF-α、IL-6など)が薬によってそれぞれ違うので、治療の選択肢が更に広がりそうです。     

◆病気の増悪(症状が悪化すること)を防ぐことも重要
 
  感染症(風邪、気管支炎、副鼻腔炎、膀胱炎など)に注意
  ケガ、手術に注意
  妊娠、出産は計画的に
  慣れない薬の服用に注意
  紫外線、冷えに注意
  ストレスを避け、一定のリズムで生活する
  病気に対して前向きに取り組む

  ***************************************************************
今月初めにセカンドオピニオンを受け、エンブレルを使うことを決心したばかりの私にとって、今回の講演は大変参考になりました。そして、恐れず治療を受けるようにと、背中を押してもらったような気もします。
それに、ご一緒したyellowpandaちゃんことりさもエンブレル経験者なので、とっても心強いです。
yellowpandaちゃんは、日常生活もままならない時期もあったそうですが、エンブレルでの治療を一年間続けて元気になり、12月には念願のママになります。ことりさんも寝たきりになる程酷い状態でしたが、今ではエンブレルは週1回に減量、リウマトレックスも止めたそうです。お子さんが入園したら働きたいなんて仰ってました。
私もお二人に続いて元気になりたいです。なれるかなぁ~?
きっとなれると信じて頑張らなくちゃ!

2009年8月21日 (金)

アトピー性皮膚炎

ご無沙汰しています。

yellowpandaちゃんと久しぶりにランチ、エンブレルでの治療を機に転院すべく総合病院を受診、久しぶりに簡単なお菓子を焼いてみたり・・・ブログに書きたいことは色々あったのですが。何となく一ヶ月近くも放置してしまいましたcoldsweats01

今日はキキとララのことをdog
今年の夏は、なぜか酷いアトピーになってしまいました。柴犬は元々皮膚病になりやすい犬種なのですが、見ていて可哀想なくらい痒がっているので病院へ連れて行きました。
犬のアトピー治療は、食事療法や免疫療法、インターフェロン(体質改善)などがありますが、即効性がなかったり、高価だったり・・・。なので、即効性があって安価なステロイドで治療することにしました。
ステロイドは人間の場合と同じく、長期間使用すると副作用がありますが、痒みが酷い時期だけ使用する分には心配はないそうです。

007
キキは、口と右目の周りが赤くなって、毛が抜けてしまっていましたが、
だいぶ症状が治まって、綺麗になりましたhappy01

006_3
ララはキキよりも酷かったですsweat02
両目と口の周り ・・・血が滲むほど掻いていました。

012_2
右下がモモです。
モモもずっとアトピーに悩まされていましたが、今はすっかり治ってしまいました。獣医さんが言うには「出産したことで体質が変わったのかもしれない」そうです。
モモが治ったのは嬉しいけれど、モモの遺伝子を継いだキキとララはweepですね~。
でも、とにかく2匹の症状が治まって良かったです!

*******************************************************************
明日は、長野市のJAアクティーホールで行われるリウマチの講演会へ行ってきますtrain
テーマは『知ってください、リウマチ治療の現在 「和らげる、遅らせる」から「止める」時代へ』です。まさに私が今知りたい情報が得られそう。
yellowpandaちゃんやリウマチのお友達ことりさんと会って、ランチも出来るので楽しみです。
行ってきます~happy01

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »